2017-12-30(Sat)

【クラクラ】イーグル砲の大きさについて


皆さん こんばんは。 とろろです。




前回の投稿で、4×4マスの施設に対する ボウラーの射程の変化 について検証を行いましたが ( → 参考 )、同じ4×4マスの施設でも イーグル砲 だけは特殊であることが知られています。




まずはコチラをご覧ください。↓↓



知っている方も多いと思いますが、壁から 3マス奥 の位置関係では、クイヒーでイーグル砲を攻撃することができません。

20171229a1.png



これは、イーグル砲の " ユニットから見た " 大きさが、他の4×4マスの施設とは異なるからです。




今日は、これについて詳しく見ていきたいと思います。




今回の検証では、前回の投稿内容に対し いくつかの 補足・修正 が必要となってくるので、長ったらしくなりますがご了承ください。(汗)




早速ですが、まずは タウンホールとイーグル砲 それぞれにボウラーを当て、比較を行いました。↓↓

20171229gif1.gif



ボウラーはイーグル砲に対し、タウンホールよりも 約 0.5 マス 前方に踏み出して停止しているのが分かるかと思います。

20171229b2.png



それぞれの場合で1バウンド目の 飛距離 が変化していないか調べようとしたのですが、ここで問題 発生。(汗)




それは、「 ボウラーの立ち位置に関わらず、1バウンド目の着弾の描写は殆ど変化しない 」 ということでした。




例えば図のように、タウンホール と ラボ のサイズを正確に揃えたとします。↓↓

20171229a2.png



ボウラーの立ち位置が異なる場合、着弾の描写 ( 紫色のリング ) が変化しなければ、↓↓

20171229c3.png



1バウンド目の飛距離は当然 一致しません。




前回の検証にて、1バウンド目の飛距離を調べた時は、たまたまボウラーの立ち位置が全て揃っていたために、着弾の描写を活用できたに過ぎません。(汗)




そして前回の投稿では、" 射程 " と " 飛距離 " を混同してしまっていた部分があります。




" 射程 " と " 飛距離 " は、全くの 別物 であり、" 飛距離の変化 " から " 射程の変化 " を立証することはできないのです。




図解すると、このようになります。↓↓

20171229a0.png



ボウラーは施設に対し、射程 ( 2.5 マス ) 分の距離を置いて停止し、施設中心に向かって攻撃を行い、その軌道上に着弾の描写が現れます。




着弾の描写まで描いた軌道が 飛距離 に相当します。




なので、" 射程 " と言った際には あくまでも、「 ユニットが見ている施設の境界 」 と 「 ユニットの停止線 」 とを 最短 で結んだ直線ということになります。

20171229b3.png



まぁ、当然っちゃ当然なんですけどね...(汗)




ボウラーの場合はいかにも 「 ココに着弾した! 」 というような描写が見られるので、このような誤解が生じるのです。




さて、振り出しに戻るワケですが、イーグル砲の " ユニットから見た " 大きさは、単純に 既知の射程 ( 2.5 マス ) とボウラーの 停止線 から逆算して求めることができます。

20171229b4.png



ボウラーの停止線から 2.5 マス分の距離は、ちょうどイーグル砲の 施設境界 から 内側 1マス に相当するので、ユニットはイーグル砲の 中央 2×2マス の範囲を見ていることになります。








次に、イーグル砲に攻撃を行った際に、他の4×4マスの施設と同様 ボウラーの射程が伸びているかどうか調べてみました。








ここで、前回の検証では下図のように ボウラー と 着弾位置 を結んだ直線を 回転させて揃える ことで比較を行いましたが、上述の考え方でいくと これは正攻法ではありません。(汗)

20171214a5.png



これは " 飛距離の比較 " であって、" 射程の比較 " にはなっていないということですね。




しかしながら、2バウンド目に限っては、



① 4×4マスの施設越しで、本来 届かない位置に着弾の描写が見られる

② ボウラーの立ち位置に応じて、2バウンド目の着弾の描写が異なる



これら2つの事実から、「 " 飛距離 " と " 射程 " は別物だが、相関はある 」 と考えることができます。




図解すると、以下のようになります。↓↓

20171229c4.png



簡単に言ってしまえば、2バウンド目の 射程の長さ分 だけ 飛距離 を伸ばした所に 着弾の描写 が現れるってコトです。




なので、2バウンド目については着弾の描写から射程を導くことができます。




具体的には、着弾の描写のライン と ボウラーの停止線 を最短で結び、これを2バウンド目の射程とします。

20171229c5.png



2つを比較すると、長さ b の方が a よりも短く、イーグル砲 越しでの2バウンド目の射程が伸びていないのが分かります。




では今度は、イーグル砲と3×3マスの施設で比較してみます。

20171229d1.png



ボウラーのサイズ感を可能な限り正確に揃えて...




それぞれの2バウンド目の射程は、↓↓

20171229d2.png



若干の誤差はありますが、a ・ b の長さ は ほぼ一致しています。




ここまでを整理すると、



① ユニットはイーグル砲の中央2×2マスの範囲を見ている

② イーグル砲と3×3マス越しでのボウラーの射程はほぼ一致する



これらのことから考えられるのは、ユニットは、「 イーグル砲を3×3マスの施設として見ている 」 ということです。




クイヒーで攻める際や、配置を作る際には是非 意識してみてください。




最後に、今回の検証では th.9 のとろろ村でボウラーが作れなかったために、とろろ村が現在 お世話になっているクラン 「 JUMBLE 」 の ムムム さんにご協力頂きました。




個人的に、ムムムさんのユル~いキャラが好きですw 今後とも宜しくお願いします。




スーパー長くなってしまいましたが、今日はこのへんで。




ではまた。 ♪(´・∀・`)ノ))






関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

t0r0ro

Author:t0r0ro
援軍を貰うため、世界を旅するゴミ人間。
現在 th.11序盤。

ツイッターも地味に展開中↓↓

もくじ
にゃんチー記事一覧↓↓
最新記事
最新記事はこちら↓↓
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: