2018-02-22(Thu)

【クラクラ】配置と空模様の変化について


皆さん こんばんは。 とろろです。




今回は、配置によっては(?) 刺さる編成をご紹介していきたいと思います。




ここ最近 検証やら配置紹介やらで、戦術的な内容を取り上げるのは 久しぶりですね...




さて、最初の配置がコチラです。↓↓

20180219a2.png



使用した編成がコチラ。↓↓

20180219a1.png



見てわかる通り、ラバを1体も使用していません。




コチラがそのリプです。↓↓




はじめ、対空砲が密集 している区画へとクイヒーで切り込んでいき、ジャンプの呪文で防衛側クイーンまでアクセスしていきます。

20180219a3.png



この編成が刺さる場合は主に、「 偏った対空砲側から相手クイーンまで手が届く 」 ような配置です。




そして今回のポイントは、" 盾役 " のユニットを使わずにバルーンだけで空の展開を行っているという点です。

20180219a4.png



これが可能になったのは、シングルインフェルノ の流行によるものです。




従来の配置であれば、マルチインフェルノの 複数タゲ 攻撃に加えて、周辺の 対空トラップ他の防衛施設 からの攻撃によって、多くのバルーンを " 一度に " 失う危険性がありました。

20180219b5.png



このため、盾役のラバでタゲを集めながらトラップを回収していく必要があったのですが、




単体攻撃 のシングルインフェルノ前では、上記のリスクが事実上 " 軽減 " されたことになり、バルーンの 数でゴリ押す ことができるようになったワケです。




シングルインフェルノが前 以上に 隔離されて置かれやすくなった というのも、

20180219a5.png



バルーンだけでインフェルノを突破しやすくなった要因の一つでもあります。








つづいて、ダメだったリプも。(汗)








配置がコチラです。↓↓

20180221a1.png



編成がコチラ↓↓

20180221a2.png



コチラがそのリプです。↓↓




ババキンが援軍を釣り出してしまったために、こっちの方で わちゃわちゃ してしまいました。(汗)

20180221a3.png






あとは、ヒールをもっと後半まで温存しておけば良かったです。

20180221a4.png



( つまりバルーンだけで押しきれてないというw )




ラバルの場合と違い、ラバを追いかけるようにバルーンを出していく必要がないので、比較的 落ち着いて展開していくことができます。




まぁ その分 時間との勝負でもあるワケですが...




最後に、ラバを1体使用していますが、似たようなアプローチでのリプもアップしておきたいと思います。↓↓




かなり配置を選ぶ編成ではありますが、参考になれば幸いです。




今日はこのへんで。 ではまた。 (*゚ー゚*)ノシ))




関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

t0r0ro

Author:t0r0ro
援軍を貰うため、世界を旅するゴミ人間。
現在 th.11序盤。

ツイッターも地味に展開中↓↓

もくじ
にゃんチー記事一覧↓↓
最新記事
最新記事はこちら↓↓
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: