2018-03-21(Wed)

【クラクラ】数の脅威について考えさせられる回


皆さま こんばんは。 とろろ です。




今回は、ここ数戦で 印象 に残った戦術をご紹介していきたいと思います。




編成はコチラ↓↓

20180321a1.png



スケルトンの呪文 を6つ使用しています。




コチラがそのリプ↓↓



クイーンが中央区画に入ったタイミングで、スケルトン + レイジ を一気に投下していきます。

20180321a2.png



呪文だけで クイーン ・ 援軍 ・ イーグル砲 を処理しちゃってマス。(汗)




その後の展開では、細かなミスはあるものの、バルーンの数に余裕を持った状態で全壊できています。




凄いですね。




呪文で召喚したスケルトンでは、援軍 を釣り出したり トラップ を起動することはできません。

20180321b5.png



が、今回の場合 それがメリットとして働いています。




とくに最近では、シングルインフェの環境ということもあって、大量のスケルトンが刺さりやすいのです。




このような、事前にクイーンやクランの城を破壊する戦術としては、過去に 「 天災ハイブリッド 」 などが存在していましたね。

20180321gif0.gif



レイジ(2)×1 + スケルトン(1)×6 なら、8枠 なので、天災 よりも呪文の " 枠数 " を節約できていることになります。




配置を選ぶ戦術であることは確かですが...




探してみると、イーグル砲クランの城 を同じ区画に入れている配置、結構 多いです。

20180321a4.png



20180321a5.png



クイーンについては、中心区画に入って来ない場合は、逆にヒーロー等で 外から手が届く ことが多いため、マストではありません。




つい先日、フレンド対戦で練習できる機会があったので、早速 自分もやってみることに。




が、しかし ... (汗) ↓↓






全然ダメでしたw




理由はカンタンです。↓↓

20180321b1.png



召喚したスケルトンが、高HP のクランの城とババキンで足止めを喰らい、尚且つ そこに ボムタワー の範囲攻撃を受けたからです。




ボムタワーの攻撃間隔は意外と短く ( 1.1 秒 )、思うようにいきませんでした。




気を取り直してもう一回。 ↓↓




今度は上手く中心地をくり抜くことができました。

20180321b3.png



が、その後の 陸での削り が甘かったのと、何より ウォーデンの切り替え を忘れてたというのもあって、全壊には届きませんでしたけどね...(汗)




そしてもう一つ、ラバを4体 連れて行ったのが間違いでした。

20180321b4.png



この戦術では、序盤に多くの呪文の " 枠 " を割くため、レイジやヒールなどでバルーンの 火力HP を補うことができません。




つまり、各施設に対して 確定数 だけのバルーンを配分していく必要があるために、もっと多くのバルーンを持って行くべきだったということです。




しかしながら、配置選びと、編成さえ注意すれば、十分使える戦術だと思います。




逆に防衛側からすれば、



① 「 イーグル砲とクランの城を 同じ区画 に置かない 」

② 「 置いたとしても 範囲攻撃 の防衛施設の射程内に入れる 」

20180321c2.png



といった点に注意したいところです。




参考までに、ウィズ等の 反応の悪さ が伺えるアニメも ↓↓

20180321gif1.gif



th.11 では、残りレイジ2つ分の枠は確保できるので、クイヒーと組み合わせるのもアリかもしれませんね。




また良いリプが撮れたら、追加していきたいと思います。




今日はこのへんで。 ではまた。 ♪(°▽^ *)ノ⌒☆




【 2018. 3. 31 追加 】

ホグとの組み合わせです。↓↓




関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

t0r0ro

Author:t0r0ro
援軍を貰うため、世界を旅するゴミ人間。
現在 th.11序盤。

ツイッターも地味に展開中↓↓

もくじ
にゃんチー記事一覧↓↓
最新記事
最新記事はこちら↓↓
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: