2018-10-21(Sun)

【クラクラ】複製の "強み" について再度考えさせられる回


皆さん こんばんは。 とろろです。




今回は、最近になってチラホラ目にするようになった 突撃艦ライドラクローン での入りについて、




そのメリット等 考察していきたいと思います。




主な編成は、以下の通りです。↓↓

20181021c1.png



20181021c2.png






入りの部分だけですが、いくつか集めてみましたのでご覧ください。↓↓






突撃艦で援軍の ライドラバルーン を送り込み、レイジに クローン 2, 3 個掛け で一気に区画をえぐっていきます。

20181021a3.png




メリット① 】 援軍の投下位置が多少ズレても構わない。

20181021a4.png



突撃艦バルキリーでは、目的の区画内に 正確に バルキリーを投下する必要があり、




壁で細かく区切られた場所に対しては使えないといったデメリットがありました。




ライドラバルーンでは、壁の仕切りに関係なく その範囲 を攻撃できるので、バルキリーより使いやすいと言えます。




前回 取り上げたような、インフェルノ周りを壁で囲んだ配置に対しても有効です。

20181019a3.png








メリット② 】 クイーンや援軍を処理できる火力がある。

20181021a5.png



突撃艦バルーンや突撃艦バルキリーでは、ドラゴンやベビドラといった対空ユニットを 別に処理する 必要がありましたが、




高火力のライドラを複製することで、防衛施設 ・ クイーン ・ 援軍 全てを序盤に まとめて処理できる ため、




その後のラバルを有利に展開することが可能となります。






メリット③ 】 ヒーローを別のパートに使うことができる。

20181021b2.png



これは、突撃艦バルキリーが持つメリットでもあるのですが、従来のボウラーラバル ハイブリッドでは、




ウォールバスター等に積んだ援軍に、サイドカット用のユニットやババキン ・ クイーンが セット である必要がありました。




HPの高いバルキリーやライドラを使用した場合では、




突撃艦に積んだ援軍と、呪文 だけ で全て完結するので、ヒーローを他のパートに充てることができる強みがあります。






メリット④ 】 バルーンとライドラのどちらが多く複製されても良い。

20181021d1.png



これが地味に重要で、バルーンとライドラの出てくる 順番 やクローンの投下 位置 によっては、




ライドラが複製されない場合もあります。




しかしながら、仮にバルーンが大量に複製されたとすれば、ライドラの延命にもなるし、

20181021d2.png




ライドラが複製されれば、それだけ火力は高くなるワケで、

20181021d3.png



そのへんが多少 アバウト でも上手くいく所がまた、この編成を強からしめている要因でもあります。




ただ、クローンの 先掛け や援軍の入れる 順番 によって、ライドラとバルーンの 比率 を制御することは可能だと思います。




ちなみに、複製したライドラでも死亡ダメージを与えることができます。

20181021gif1.gif








以上、4つのメリットをピックアップしてきたワケですが、




突撃艦ライドラクローンの強みは、およそこのあたりかなと思われます。




クローンは呪文の枠数 なので、3個使用する場合 それだけでかなりの 呪文枠を割く ことになるのですが、




それでもヘイストラバルだけで十分取り返せるだけの アドバンテージ を取ることができます。




少し前に流行った、スケルトンの呪文を 7個 使用したラバル編成と、似たような感覚かもしれません。

20181021d4.png



皆さんも機会があったら是非 試してみてください。




ではまた。 (*゚ー゚*)ノシ))




関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

t0r0ro

Author:t0r0ro
援軍を貰うため、世界を旅するゴミ人間。
現在 th.11序盤。

ツイッターも地味に展開中↓↓

もくじ
にゃんチー記事一覧↓↓
最新記事
最新記事はこちら↓↓
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: