2015-07-19(Sun)

【クラクラ】Th.6でカンストしてみた


皆さんこんばんは。とろろです。



さて今日は忘れた頃にやってくる、とろろ村の現状報告です。
タイトル通り、先日Th.6でカンスト致しました。
ただ、Th.6でカンストはあまり珍しいことでもないので、「カンストしてみた」って表現には少し違和感がありますけど...



こちらが現在の村の状態です↓↓

base5.png


またまた格上をイラッとさせる配置ですw 基本的に全壊させられます。
あと地味に大工4人目ゲットですw



他の村を攻撃していて思ったことは、Th.6あたりではクランの城が壁として非常に有用だということです。
Th.7までは援軍を釣り出させない配置というのはまず不可能なので、高HPであることを上手く活かしてクランの城を配置することが防衛率を高める上で重要だと思いました。(↑↑上図は全く活かせていない配置w)



また、Th.6あたりのジャイヒーではジャイアントの一点出しが基本となるので、バネトラップの設置場所が防衛を左右すると言っても過言ではありません。
やはり上図のような配置よりも、ジャイアントが村の中を旋回するように防衛設備を設置し、その間にバネトラップを置くのが一番効果的だと思いました。



研究の方はここまで上げることができました↓↓

kenkyuu2.png


ラボがLv.4になって実際にアップグレードできたのは、

ジャイアント(Lv.2 → Lv.3)
ウォールブレイカー(Lv.2 → Lv.3)
エアバルーン(Lv.2 → Lv.3)
ウィザード(Lv.2 → Lv.3)
ヒーリングの呪文(Lv.1 → Lv.3)

の5つだけでした。 なので研究は結構早い段階で終え、ラボがガラ空きの状態が続いてしまいました。
ライトニングに至っては、Th.5の段階でLv.4まで上げた後、Th.8になるまでLv.5にできません。(汗)



また、金山とエリクサーポンプに関しても、Th.5でLv.10まで上げた後、Th.7にならないとLv.11に上げることはできませんでした。
そのため、施設のアップグレードに関して言えばTh.5のときよりも時間はかからなかったと思います。しかしながら、壁塗りが律速となり結果的に時間がかかってしまいました。



壁1個75000 Gって、やっぱり高いですね...
これ以上研究するユニットもなく、エリクサーはどんどん貯まっていくのですが、まだエリクサーを壁に充てることができないため、結構大変でした。(汗)



とろろ村はイン率がかなり低いので、基本的には懐かしのジャイヒー編成を組んでいました。

gaihi1.png


ジャイヒーって、久しぶりにやると結構難しいもんですね。
ユニットの数的にもジャイアントを分けて出すことは困難なので、対空砲めがけて一点出しが基本となります。
そのため、ジャイアントは防衛設備を一個ずつ順に破壊していこうとするので、後ろにいるヒーラーが反対側のアーチャータワーから攻撃を受け見事に失敗といったことが何度かありました。



ジャイヒー編成での村選びの際には、対空砲の位置だけでなくアーチャータワーの位置にも気を配る必要があるということが分かりました。
そのほか、ジャイヒー対策としては対空砲に辿り着くまでに2回以上壁を破壊する必要があるような壁の配置をつくることが有効だと思います。 (画像ではウォールブレイカーの範囲攻撃のおかげで、1回で対空砲まで穴開けすることができています)

gaihi2.png



また、ジャイヒーで攻める場合には、ジャイアントに防衛設備のタゲが向いた時点で周りからどんどんアーチャーやウィザードで攻撃していくことが時間内で100%取るポイントとなります。

gaihi4.png


ジャイヒーって、奥が深いですね...
Th.7になっても、ジャイヒーはまだまだ使える編成なので、もっと腕を磨いていきたいです。



今後は、Th.7・8あたりの攻略についても少しずつ記事にしていければと思っています。
今日はこのへんで。では(。´∀`。)ノ”ォャスミィ☆




関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

t0r0ro

Author:t0r0ro
援軍を貰うため、世界を旅するゴミ人間。
現在 th.11序盤。

ツイッターも地味に展開中↓↓

もくじ
にゃんチー記事一覧↓↓
最新記事
最新記事はこちら↓↓
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: