2015-11-29(Sun)

【クラクラ】シールド仕様変更に伴う配置づくり (修正版)


皆さんこんにちは。とろろです。



さて、もう既に周知のことと思われますが、次回アップデートよりシールドのシステムが大きく変更されます。



具体的には、

1) シールド発動条件に関する変更
2) シールド有効状態での攻撃が可能

個人的に一番大きいのは、やはりシールドの発動条件です。
これまでは、タウンホールを破壊するか、破壊率が40%を超えた時点で12時間のシールドが与えられてきました。



このため、資源重視の配置ではタウンホールをあえて村の外に置き、トロフィーや勝利ボーナス・経験値獲得を目的としたプレイヤーにタウンホールだけを破壊させて無料シールドを貰うといった防衛戦術が成り立ってきたワケです。



しかしながら、今後はタウンホールの破壊だけではシールドは発動せず、さらに略奪可能な資源の保有量がタウンホール・金庫・エリタンで等分に分けられる (ダクエリのみ1/5) ため、外出しのメリットは全く無くなってしまうことになります。



シールドの発動には、以下の2つを同時に満たす必要があります。

① 最低でも30%以上の施設が破壊される
② 攻撃側の投入したユニットが、防衛側の全戦力の1/3に達している
(※ 文面からすると防衛側の保有可能なユニット数を参照しているようです。)


簡単に言ってしまえば、「ある程度の戦力で攻撃を受け、そこそこの被害を受ける必要がある」ということです。ハイ (汗)



厄介なのが②の条件で、外出ししたタウンホールの周りに30%相当の施設 (金山とか兵舎とか) を並べただけでは、数体のユニットで抜かれてしまうだけであり、肝心のシールドを貰うことはできません。



資源重視でファーミングを行ってきたプレイヤーは、今後どういった配置をとっていくのでしょうか。



私もこれまでタウンホール外出しのダクエリ死守型でやってきた身なので、今後の配置について自分なりにいろいろと考えてみました。



まず防衛するにあたって、攻める側の攻撃タイプについてですが、大きく分けて以下の4つに分類されるかと思います。



a) ガチ編成でタウンホール・資源もろともかっさらう

b) ババアチャ等で外周を破壊し、放置刈りもしくは50%破壊で勝利ボーナスを頂戴する

c) ジャイアチャやホグアチャ等の中堅編成で満遍なく攻める

d) クイヒーだけで外周の資源保管庫をツツいていく



a)については、タウンホールを破壊することを最優先としているため、どこから攻めればタウンホールまで辿り着けるかということを考えています。



つまり、タウンホールに近い側から攻める確率が高いってコトになります。
だとすれば、タウンホールを村の中心からずらし、攻撃開始の位置をある程度限定させるというのが効果的です。



ここで重要なのは、タウンホールが資源保管庫の一つであるということを考慮に入れた上で、想定される方角から攻められた場合に、守りたい資源に手が届きにくいような形にすることです。



ヒントとなるのは、やはりアンチ全壊型ではないでしょうか。

20151128b.png


アンチ全壊型は、陸ユニットが村の中心部まで侵攻すると、壁を破ってその奥へ進むのが困難であるといった特性を持っています。
空攻めの場合は壁の配列とは無関係であるので、ユニットが自由に行き来できてしまいますが、対空砲の位置さえ間違えなければ十分に対応できるハズです。(たぶん...)



これらを踏まえて、資源保管庫を配置すれば、守りたい資源の被害を最小限に抑えつつシールドを獲得することができるかと思います。



また、似たような考えでアロー型というのも一つの手だと思います。

20151128a.png


アロー型は外側のタウンホールを破壊するのに、かなりの戦力を消費させることができるので、攻撃側がそれだけのユニットを使ってタウンホールだけを破壊したのであれば資源の防衛としては成功と言えます。



ただ、タウンホール周りの防衛があまりにも強靭すぎると、30%の破壊率に満たない恐れがある上、反対側の防衛が薄くなりがちなため注意が必要です。



b)についてですが、ババアチャ等の編成はそもそもが数攻めであるため、投入したユニット数に関する条件は問題ないかと思われます。



理想的なのは、「30%の施設は簡単に抜けるけど、ヒーローも合わせてやっと50%に届くぐらいの配置」です。
難しそうに聞こえますが、大工の小屋を1, 2個中心地に隠すだけで簡単に作れてしまいます。



防衛だけでマスター帯まで浮上してきた “成り上がり放置村” の典型がコレですw



重要なのは、如何にババアチャで攻めやすそうな配置に見せるかだと思います。
守る側としては、できるだけ中心地まで辿り着けそうもない編成からパーセンテージを稼いでもらい、シールドを獲得したいところです。



そしてc)の中堅編成に関してですが、こちらも投入ユニット数の条件については問題ないかと思われます。
しかしながら、ババアチャと違って中まで切り込んでくる恐れがあるという点で厄介です。



対策として考えられることは、とにかく「援軍が釣りだしにくい配置にすること」・「トラップを有効に活用すること」の2つに尽きると思います。
逆に、この2点さえしっかりと押さえておけば、無理してまで攻めてくる人もいないかと。



最後に、一番厄介なのがd)で、クイヒーでは50%未満の戦力で外周から資源・パーセンテージを奪われる危険性があります。
(修正:投入ユニット数に関する条件が50% → 1/3へと緩和されたことで、シールドの発動条件は満たしやすくなりました。)



これに関しては、ホント対処しようがないとしか言いようがないですね。(汗)
ただ、可能な限りの対策はしておきたいところです。



簡単にできる対策としては、以下の2つがあります。

その1. アチャクイがコーナーを曲がる所に対空砲を置く

20151128f.png


こうすることで、アチャクイは壁に沿って角を曲がるのに対し、後ろからついてきたヒーラーは“車の内輪差”的に内側に入り込んでしまうため、対空砲の射程に入れることができます。

その2. 村の敷地の端を利用する

20151128h.png


これはちょっと変則ですが、村の端よりも外側にユニットを配置することはできないので、ヒーラーを対空砲の射程に入れることができます。
確実ではありませんが、クイヒーを開始する場所をかなり限定させることができます。



クイヒーに関しては、「クイヒーしづらいなぁ」って思わせることが一番だと思います。



以上のことを踏まえて、アプデ後の資源重視型配置について即興で作ってみました。

20151128i.png


20151128e.png


なんか、結局何を守りたいのか分からない感が半端ないですw



一応、ガチ攻めの方角をある程度限定させつつ、外周から取れそうで取れない配置は作れたのではないかと思います。
この程度なら、いくらでも攻略の方法はあるでしょうけど...(汗)



実際に試したワケではないので、防衛に関しては現段階では何とも言えません。



また、シールドと小休止そして村ガードのシステムが上手く連動することで、資源を守ること自体の重要性が今までより少し下がる可能性も出てきます。
リベンジもしやすくなりますし。



配置や防衛に関しては、実際にアプデが来てからまたご紹介したいと思います。



長くなってしまいましたが、今日はこのへんで。では。[○´・ω・]ノヂャァネッ




関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

t0r0ro

Author:t0r0ro
援軍を貰うため、世界を旅するゴミ人間。
現在 th.11序盤。

ツイッターも地味に展開中↓↓

もくじ
にゃんチー記事一覧↓↓
最新記事
最新記事はこちら↓↓
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: