2016-01-10(Sun)

【クラクラ】新時代のクイヒー


皆さんこんにちは。とろろです。



今日はちょっと珍しい光景から↓↓

20160109a.png


ユニットがキャンプに一匹もいません。
一瞬バグかと思いましたが、単に他がギュウギュウ詰めになってるだけでしたw

20160109b.png


さて、今日ご紹介するのは、アプデ後のクイヒー戦術(th.11)についてです。



最近のクラン対戦における配置は、対空砲を壁から4マス以上離したクイヒー対策型が主流となっています。

20160109c.png


壁と対空砲がこのような位置関係にあれば、アチャクイは対空砲を無視して歩いていくため、後続のヒーラーを撃墜することができます。



しかしながら、アプデ以降このようなクイヒー対策でも安心していられなくなってしまいました。(汗)



その主な理由としては、

・ グランドウォーデン (以下グラデン) の追加

・ 闇呪文の寄付枠の追加

・ 攻撃時間の延長

の3つが挙げられます。



今回はクラメンの上位陣のリプから2つを見ていこうと思います。



最初の編成はこちら↓↓

20160109d.png


こちらがそのリプです。↓↓

ウォールブレイカーによる穴開けによって、アチャクイとグラデンが最初から中に切り込んでいるのが分かります。



アチャクイとグラデンを組み合わせることで、施設や援軍・ヒーロー等をこれまでより少ない攻撃回数で破壊できるというのが非常に大きいと思います。

20160109f.png


さしずめ 「クイヒーデン」 といったところでしょうかw



また、グラデンのオーラ内にいることで、ヒーラーがHP増加の恩恵を得られているという点も地味に重要です。



対空クロスボウの射程が少し狭いために、アチャクイが逸れた後でヒーラーにタゲが移ることが往々にしてあるからです。



援軍とヒーロー・対空砲を破壊した後、ウォールブレイカーでさらに奥へと切り込んでいきます。

20160109g.png


神がかり的なタイミングでエターナルトームを発動し、穴開けに成功しています。(汗)



ラバルーン開始前に、クイヒーのパートだけで呪文2個を使用し、インフェルノタワー1本まで破壊できているのが分かるかと思います。



これは、闇呪文の寄付により、ラバルーンのパートに対しヘイストの1枠分を補えるようになったためです。

20160109h.png


この1枠分の増加によって、呪文の編成がよりフレキシブルに組めるようになったと言えます。



さて続いては、格下のth.10を相手にしたリプですが、一応クイヒー対策型ということでアップしたいと思います。


編成がこちら↓↓

20160109e.png


こちらがそのリプです。↓↓

エターナルトームを後半まで温存し、バルーンの群れに対し使用しています。



この場合も、穴開けからクイヒーで中に切り込み、序盤でレイジとフリーズを使用してインフェルノタワーまで破壊しています。

20160109i.png


以上のことから分かるように、アプデ以前のクイヒーと決定的に異なるのは、「より中へ切り込めるクイヒー」になったという点です。



それを可能としたのが他ならぬグラデンの追加、そして闇呪文の寄付枠の追加です。



これによって、アチャクイは自身のロイヤルクローク、エリクサー呪文×2個そしてエターナルトーム発動の計4回 危機を回避できるようになったワケです。



そして、もし呪文やエターナルトームを温存できたのであれば、それらをラバルーンのパートに回すことができます。



この、戦況に応じて臨機応変に対応できる柔軟性が加わったことで、クイヒーはさらなる進化を遂げたと言えます。



さらに、攻撃時間の延長は時間切れへの心配を緩和しただけでなく、戦闘の中でこれらの判断を冷静に下せるだけの余裕を与えてしまいました。



アプデ前まではクイヒー弱体化が騒がれていましたが、こうして見るとむしろ強化された面ばかりが目立ちます。(汗)



th.10で得られたものは闇呪文寄付枠と時間延長の2つだけですが、闇呪文の研究が済んだら私もクラン対戦に復帰しth.10同士でのクイヒーを試していきたいと思います。



長くなってしまいましたが、今日はこのへんで。ではまた。ε=(*`>ω<)ノジャァネ




関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

t0r0ro

Author:t0r0ro
援軍を貰うため、世界を旅するゴミ人間。
現在 th.11序盤。

ツイッターも地味に展開中↓↓

もくじ
にゃんチー記事一覧↓↓
最新記事
最新記事はこちら↓↓
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: