2016-05-08(Sun)

【クラクラ】ヒーローの投入位置について


皆さんこんにちは。 とろろです。



先日のアプデにより、時間関連の調整が入ったことで、以前より早く部隊の編成を整えることができるようになりました。



ガチ編成も気軽に組めるようになったということで、高トロ帯にシフトする人も増えてきたのではないかと思われます。



ただ、トロ帯が高くなるほど防衛の固い村も多く見かけるようになってきます。



特に最近マルチでは中心区画の周りに2マスの空白を置いた配置が主流となってきていますよね。

20160507j.png


このような配置では、サイドカットを怠ると主力ユニットを中心地に誘導することが出来ません。



完全バルキリー対策ですね。



私も似たような配置をth.10で試したのですが、見事に重バルで抜かれてしまいました。↓↓

ババキンとアチャクイを面の中心ではなく、両サイドに出しています。

20160507a.png


高火力のヒーローを使うことで、両サイドをより確実に削ることができています。

20160507b.png


これにより、面の中心から投入したゴレ・バルキリー・グラデンは中心地まで一直線に向かっているのが分かるかと思います。

20160507c.png


ネクロが主流であった以前までは、スケルトンおよびネクロ本体のHP・火力ともに乏しく、中心地をえぐるにはどうしてもヒーローに頼らざるを得ない部分がありました。



しかしながらバルキリーの大幅な強化によって、中心地をヒーローなしでも蹂躙することが可能になったワケです。(汗)



ジャイアント並みのHPとウィザード並みの火力を合わせ持つユニットがゴブリンのように駆け抜けていくもんですからw



バルキリーの火力を中心地に集中させるために、ヒーローを用いたサイドカットは非常に有効な手段であると言えます。



私も実際にマルチで似たような戦術を試してみました。↓↓

小技ですが、とりわけラバ壁を相手にする際にはウォールブレイカー1匹でのトラップ確認・解除がかなり重要となってきます。

20160507d.png


1サイドをクイヒーでカットし、もう1サイドをゴレウィズ・ババキンでカットしています。

20160507k.png


今回はペッカも使用していますが、面の中心はバルキリーでこじ開けられるので、穴開けは必須ではありません。

20160507g.png


アチャクイがシングルインフェルノにばっちり焼かれていますが、なんとか中心地に火力を誘導することができました。

20160507l.png


ヒーローを用いた両サイドのカットは、一度中心地に入ったユニットが区画外の攻撃から受けるダメージを軽減することにも繋がるので、こういった回廊型では全壊の可能性も出てきます。



ただ、最近ではインフェルノを外側に置いて、サイドカットそのものを阻止するような配置も増えてきているので注意が必要です。

20160507i.png





上述のようなバルキリー主軸編成でのヒーローの使い方は、クラン対戦にも応用できる部分があると思うので、参考にして頂ければ幸いです。



今日はこのへんで。ではまた。ε=(*`>ω<)ノジャァネ




関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

t0r0ro

Author:t0r0ro
援軍を貰うため、世界を旅するゴミ人間。
現在 th.11序盤。

ツイッターも地味に展開中↓↓

もくじ
にゃんチー記事一覧↓↓
最新記事
最新記事はこちら↓↓
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: