2016-08-07(Sun)

【クラクラ】vs. ClashHeads 戦 ( th.9 戦術編① )


皆さんこんばんは。とろろです。



今回も前回に引き続き、ClashHeads 戦を振り返っていこうと思います。
( 「 ぜんかい 」を変換すると真っ先に 「 全壊 」 が出てくるのはクラクラ病w )



第3回は、th.9 の戦術編①です。



ClashHeads 側の th.9 で最も多かった戦術は「 ゴレホグ 」および「 クイヒーゴレホグ 」でした。
まさに王道中の王道とも言える戦術ですね。



クイヒー+バルキリーのいわゆる「 ナックル戦術 」 は殆ど見られなかったのが少し意外でした。



今回はゴレホグ・クイヒーゴレホグのリプ3本を取り上げたいと思います。



一つ目の編成はこちら↓↓

20160807a1.png


純粋なゴレホグですが、若干バルキリーが加わっています。( ← じゃぁ純粋じゃないw )

ClashHeads 側のゴレホグに共通していたのは、「 ホグがなかなか死なない 」ということでした。



理由は、ゴレやヒーローといった盾役に防衛のタゲをしっかりと固定しているからです。

20160807a2.png

はじめ、ゴレにタゲを向けた状態から、たった一匹のホグがアーチャータワー・大砲まで破壊できています。



ジャンプ2個まで使って、ゴレ3体にバルキリー5体・両ヒーローによって中心地をかなり奥までえぐっているのが分かるかと思います。

20160807a3.png


これによって、外周の防衛施設のタゲを中心に集めることができ、同時に外周施設をカットするホグの犠牲を減らすことに繋がります。



こういったホグの小出しは「 サージカルホグ 」として知られていますが、ClashHeads の場合、中心地の破壊に重きを置いて、ホントに必要最小限のホグで外周をカットしているんです。

20160807a4.png


戦況をしっかりと把握しながら、防衛施設からの攻撃を受けないようホグを出していくといった攻め方は、分かっていてもなかなか真似できるものではありません。(汗)



続いてはクイヒーゴレホグです。 編成はこちら↓↓

20160807b1.png


こちらがそのリプです。↓↓

クイヒーパートに関しては特に言及することはありませんが、やはり援軍バルキリーに対しては早めにクロークを使うべきだと思いました。

20160807b5.png



一本目のリプと同様、ゴレを盾にホグ一匹でウィザードの塔を破壊しています。

20160807b2.png


一本目のリプにも同じことが言えますが、ゴレを出した後、ジャンプの投下や穴開けをすぐには行わず、壁の前で引き留めている点に気づきます。



ジャンプや穴開けによってゴレがそちらに引き寄せられると、ゴレが射程から外れることで、ホグや後方のウィザードが攻撃を受ける恐れがあるので、周りがある程度削れた時点ではじめてゴレを壁の中に誘導していきます。

20160807b6.png


冷静ですよね。



この場合では、配置が少し特殊な形状をしていることから、一本目のようにゴレにタゲを集めた状態でホグを向かわせるといった戦術とは異なり、防衛施設に対してホグを一気に出していっています。

20160807b3.png


もちろんヒールの補助もありますが、盾役がいない場合ではホグ自身の体力および火力が重要となってくるので、数攻めで一気に切り抜けることで結果的にこちらの被害も少なくて済むワケです。



また、このような配置ではセンターインすること自体にあまり意味がないために、盾役のゴレを減らし火力のホグを多めに積んだとも言えます。



配置や戦況によって、ホグの出し方や役割が全然違っていて、すごく参考になりました。



そして、余裕の呪文1個残しです。(汗)

20160807b4.png





3つ目も同じくクイヒーゴレホグ編成です。↓↓

20160807c1.png


こちらがそのリプ↓↓

この場合も、盾役にタゲを集めていないので、ホグ一気出しで切り込んで行っています。

20160807c2.png


やはり、ClashHeads の方達はホグの使い方・使い分けが上手だと感じました。



一本目のリプにも見られましたが、外周破壊にホグだけでなくバルーンも使用しています。

20160807c3.png


この場面でバルーンが必須だったかという点については少々疑問が残りますが、バルーンを使う利点としては対地の設備から攻撃を受けずに済むこと ・ 一発のダメージが大きいこと ・ バネトラップに引っかかる心配がないこと、といった所でしょうか。



一方で対空のトラップにかかる恐れはありますが...



ホグにヒールよりも、バルーンにヘイストの方が闇呪文の余った枠を有効に活用できる場合もあるので、上手く使い分けていきたいところです。



ここまで、ゴレホグ・クイヒーゴレホグのリプを見てきましたが、細かい所で他の編成に活かせる部分もあると思うので、参考にして頂ければ幸いです。 ( ← 自分が攻めたワケじゃないけどw )



次回は th.9 戦術編②でお会いしましょう。
今日はこのへんで。 ではまた。ヾ(●´ω `●)ノ




関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

t0r0ro

Author:t0r0ro
援軍を貰うため、世界を旅するゴミ人間。
現在 th.11序盤。

ツイッターも地味に展開中↓↓

もくじ
にゃんチー記事一覧↓↓
最新記事
最新記事はこちら↓↓
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: