2016-08-13(Sat)

【クラクラ】vs. ClashHeads 戦 ( th.9 戦術編② )


皆さんこんにちは。 とろろです。




引き続き、ClashHeads 戦を振り返っていこうと思います。




今回は th.9 戦術編の2回目ですね。




今日ご紹介するのは、th.9 の全壊戦術として最近主流となりつつある、「 ジャイヒーボウラーホグ 」のリプ2本です。




最初の編成がコチラ↓↓

20160812a5.png



こちらがそのリプです。↓↓






はじめに、ジャイヒーから両ヒーロー、そして援軍のボウラーを一気に投入していきます。

20160812c1.png



ジャイヒーの場合では、クイヒーと違ってヒーラーが 対空砲の射程内 まで入り込んでしまいます。




ジャイヒーにヒーローの火力およびボウラーの 遠距離攻撃 を足し合わせることで、対空砲をいち早く折る ことが可能となるため、




こういった切り込みが結果的にはヒーラーの延命にもつながっています。




もちろん、敵援軍やヒーローを処理しつつ、中心地を深くえぐるといった目的も兼ねているワケですが。




ボウラーの良い所は、やはり「 中から外に向かって攻撃できる 」点にあると思います。

20160812a3.png



なので、従来のゴレホグのようにただ中心にタゲを集めるだけでなく、




中心から外周の施設まで 攻撃を飛ばす ことができるという点で、さらにアグレッシブな戦術になったと言えます。




これによって、ダメージを負った外周の防衛施設を少ないホグでカットすることが可能となります。




盾役ユニットに防衛のタゲが向いていない場合でも、ホグでホグのタゲを逸らす といった小ワザが見て取れました。

20160812a4.png



こういった細かい技術が最後に生き残ったホグの数に表れてきます。








さて、続いての編成はコチラ↓↓

20160812b6.png



こちらがそのリプです。↓↓






一本目のリプと同様 ジャイヒー・ヒーロー・ボウラーを一気に投入していきます。

20160812b2.png



今回の場合、クイーンの祭壇と対空砲が離れた位置にあったために、序盤でのジャイヒーがかなり活きてきます。




ジャイヒーの良い所は何といっても、



① ウォールブレイカーなしに壁をこじ開けられる点


② ジャイヒー自体が盾であり矛でもあるという点



にあります。

20160812b1.png



例えば、一つの防衛施設を破壊することを想定した際、ゴレウィズでは 盾役 のゴーレム ・ 壁開け 用のウォールブレイカー ・ そして 火力 のウィザードが必要となります。




一方で、ジャイヒーを使えばこれらの役割を 一手に担う ことができるようになります。




つまり、使いどころ次第ではユニットの節約にもなるワケです。




なので、今回の編成に限らずとも配置によってジャイヒーを上手く活用していきたいところです。




ボウラーは序盤で殆どいなくなってしまいましたが、ジャイアントがうまく防衛のタゲを引きつけたことで、少数のホグだけで外周カットができています。

20160812b3.png






そして最後は呪文を1個残して、余裕の全壊です。(汗)

20160812b5.png



すごいですね...




以上 2回に渡って th.9 の戦術分析を行ってきました。




次回からはいよいよ th.11 の攻防についてです。




今日はこのへんで。ではまた。ヾ(●´ω `●)ノ




関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

t0r0ro

Author:t0r0ro
援軍を貰うため、世界を旅するゴミ人間。
現在 th.12終盤。

ツイッターも地味に展開中↓↓


プライバシーポリシー

もくじ
にゃんチー記事一覧↓↓
最新記事
最新記事はこちら↓↓
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク